「キャッチボールで世界を平和に」をスローガンに。
アフ友ビジョン「世界野球普及計画マスタープラン」
憧れが関心に

 人々はオリンピックなどで注目を集めるスポーツに憧れ、関心を寄せます。野球の認知度と人気を高めるためには、ナショナルチームの国際舞台での活躍が不可欠。まずはナショナルチームの強化支援や、活躍の舞台提供が必要です。
 →日本の市民や企業のサポートを集め、ナショナルチームを支援します。「アフリカ野球振興基金」が立ち上がれば、継続的な資金サポートを可能にします。

野球人口をふやすために

 人気スポーツとなっていくためには、手軽に人々が楽しめる身近な存在にする必要があります。
 →三角ベースなら手軽に野球の醍醐味が味わえます。また、野球道具などを寄贈すれば、野球を楽しむチャンスを提供していきます。

野球の自立支援<貧困削減支援>

 野球道具が自前で作れるようになれば、野球が自立発展していきます。これは経済発展にもつながります。
 →野球用具製造職人の育成や、野球道具工場の設立などの支援をすれば、野球産業の発展が望めます。販路をヨーロッパ(特に地中海沿岸諸国)に輸出できれば外貨獲得にもつながります。

野球学校の創設<人材育成>

 野球学校を卒業して、プロ野球選手が誕生すれば、野球の人気がますます高まり、裾野が広がります。
 野球学校を設立し、野球の技術を向上し、世界のプロ野球に人材を輩出します。

アフリカ野球友の会とは

 アフリカ野球友の会は、世界の野球の空白地帯のうち、人々が生きていく上でもっとも厳しい環境にあるアフリカを対象地域とし、「生きがい提供」とともに、貧困削減の一環として「野球産業の育成支援」を図り、アフリカの人々と心身の豊かさと経済的な豊かさの両立実現を目指す支援をしていきます。そして、その先にある「世界の平和」の実現に寄与することをビジョンとします。

前へ 次へ

なぜアフリカ?なぜ野球 活動概要 代表あいさつ スタッフ紹介


週刊アフ友!


国際三角ベース協会


アフリカと白球

アフ友代表を務める友成の「アフリカと野球」に関する著書。