ガーナ三角ベースプロジェクト

 2006年2月、代表友成晋也以下6名のアフ友メンバーがガーナを訪問し、三角ベース普及活動を行いました。
 現地の野球普及を行うNGOの協力のもと、アフ友一行は1週間の滞在期間中、小学校を巡回して三角ベースの紹介をし、最後に学校対抗の三角ベース大会を開催。大変な盛り上がりを見せました。
 一行の活動は新聞・テレビといった現地メディアでも取り上げられ非常に注目されました。
 また小学校での普及活動と併せて、アフ友メンバーはガーナ野球連盟やスポーツ教育省を訪問。経済性、ジェンダーフリーといった学校教育における三角ベースの有用性を紹介し、サッカー一辺倒ではなく子供たちにとってのスポーツの選択肢・多様性を増やしたいと考えていた教育関係者から大きな評価を得ました。

戻る


週刊アフ友!


国際三角ベース協会


アフリカと白球

アフ友代表を務める友成の「アフリカと野球」に関する著書。