三角ベースの普及活動

 日本各地で、アフリカで、三角ベースの普及に参加してください!

三角ベースの普及活動  三角ベース(手打ち野球)は、道具なしでできる野球に似た遊びです。ホームベースと1塁・3塁ベースでつくる"ダイヤモンド"(内野の正方形の形)が三角形になるため、三角ベースとよばれるようになりました。

 ルールは野球とほぼ同じですが、日本だけでなく、アメリカやカリブ海を取り巻く国々にも似たような遊びはあるようです。しかし、ダイアモンドを三角形にしたのは日本の子供のオリジナルな発想のようです。

 アフリカ野球友の会では、三角ベースを "手打ち"を前面に出した「Hand-hit-ball」という名称でアフリカに広げる活動を地道に行っています。野球は道具にお金がかかるという印象がありますが、三角ベースはボール一つだけ。ほとんどお金がかかりません。

 一方、日本国内でも、最近では三角ベースをやったことがない、という若者が増えています。アフリカに野球を普及する上で、その担い手である日本人にも野球と親しむ環境づくりが大切と考え、子どもたちや親の世代を巻き込んで三角ベースを楽しむ活動に取り組んでいます。

三角ベースの普及活動 例えば、千葉県習志野市では、アフリカ野球友の会が提唱した「子供達を公園に戻そう」「世代を超えた交流をしよう」「野球の底辺拡大をしよう」「国際交流をしよう」という4つのコンセプトの実現を目指し、当会の会員で、国際三角ベース協会の木村真治代表を中心に、地域の人々と三角ベースの普及活動を展開しています。

 その他の地域でも適宜イベントを開催しますので、「ぜひ、自分の地域でも三角ベースを復活させたい」とお考えの方、ご一報ください。一緒にやりましょう!身近な所からできる社会貢献として、一人でも多くの方にこの活動に参加いただければ幸いです。

三角ベース 関連リンク

次へ

アフリカオールスターズ 三角ベースボールの普及活動 イベント 各種プロジェクト


週刊アフ友!


国際三角ベース協会


アフリカと白球

アフ友代表を務める友成の「アフリカと野球」に関する著書。